であいから旅立ちまでー誰もが安心して暮らせるように

地域福祉事業所 であいの家(以下、であいの家)は、ヘルパー講座を受講した主婦たちによって立ち上げられました。そして、2017年、ワーカーズコープで初めての多世代型住宅「戸塚の里」をオープンしました。
今回は、であいの家の歩みと実践について、設立者の一人であり、現在は戸塚の里の相談員をされている平山みつ子さんからお聞きしました。

写真右、 平山みつ子さん

「その人らしくいられるケア」を目指して

私はこの仕事に就く前は、専業主婦をしていました。子育てが一区切りして、何かの資格が取りたいと思っていたところ、ヘルパー講座のチラシを見て、受けることに決めたんです。その講座を開講していたのがワーカーズコープでした。

ヘルパー講座

実は、その講座自体は当時の私にはちょっと難しくて、向いてないなって思ったんですね。
でも、卒業を迎えた時に一緒に講座を受けた仲間と「ここで学んだ『その人らしくいられるケア』をここでなら自分たちでもできる。やりたい」という話になったんです。

その思いから訪問介護事業所「横浜戸塚地域福祉事業所であいの家」(以下、であいの家)を立ち上げました。メンバーは私のような専業主婦や、パートで働いている方、福祉に興味がある方などがいて、年齢も40代から60代と、いろいろでした。

「施設」ではない選択肢を

であいの家の利用者やその家族の方から「住み慣れた場所で最後まで生活したい」「施設に行きたくない」「終の棲家がないだろうか」という声をたくさん聞きました。

そのお話を聞く中で、「最期は施設」以外の選択肢を作りたいと思いました。

2011年、住まいづくりを考える実行委員会を立ち上げました。地域の人にも声をかけ、ワーカーズコープの神奈川事業本部も入り、総勢130人にも及びました。

実行委員会では、構想のイメージを出し合い、議論を重ね、20件以上の物件を見て回りました。しかし、何年探しても物件が見つからず、「もう無理かも……」と頓挫しかけたこともあります。

戸塚の里―いろいろな人が住める家をつくる

そんなときに、であいの家の大家さんが、所有している元社員寮を紹介してくださいました。そのことが転機になり、一気に構想がひろがりました。

当初は「サービス付高齢者専用住宅」を考えていましたが、話し合いをしていくうちに、「地域にいろいろな人がいるのだから、いろいろな人が住める家がいい」ということになり、多世代型の共同住宅を目指す事にしました。

そしてついに、2017年3月、多世代型住宅 戸塚の里(以下、戸塚の里)がオープンしたのです。

ふたを開けたら満室御礼!

戸塚の里は、趣旨を理解した人であれば、誰でも入居することができます。2DKと3DKが計14戸あり、貸事務所もあります。

1階にはであいの家が移転して、地域交流スペースや地域食堂をひらいています。

いざ開所したら半年で満室になりました。現在では高齢者や若い夫婦、障がいを抱える人、単身者など、様々な人が暮らしています。私は相談員として常駐しているのですが、本人も家族も安心して入居を決めているように思います。

誰もが安心して集える地域食堂

地域食堂 みんなの郷(以下、みんなの郷)は、家庭料理がメインの食堂です。安心安全な食材を使っています。ここを拠点に入居者同士だけではなく、地域の方も混じって、気軽に声をかけあって話をするなど、新たな交流も生まれています。

年齢や障がいの有無に関係なく、誰でも出入り自由で、他愛のない会話でゆるいつながりができています。みんなの郷で食事をした地域の方が、周りの人に宣伝したり、友達と一緒に来たりということも起こっており、少しずつ地域に広がっています。

昔は当たり前だった、お互いさまの助け合い。地域生活を支えるには、介護や福祉などの制度だけでは限界があります。戸塚の里によって、食堂とケアが結びつき、たまり場・交流の場所ができました。

今では「隣の部屋で大きい音がしたよ」という連絡があったり、具合が悪くて動けなくなった高齢者の助けを呼びに来られたりと、住民同士が横につながり、戸塚の里メンバーが介入しなくても助け合えるようになっています。

これまでもこれからも、地域の中で暮らしていく

2019年、立上げから20年が経ちました。今でもであいの家のそれぞれの現場で活躍している立上げメンバーもいます。メンバーの高齢化のことや食事業の経営改善など、事業を軌道に乗せると同時に、どのように「想い」を引き継ぐのかなど課題はたくさんあります。

それでも、自分たちで事業をし、地域をつくっていくことで、地域の中で最後まで暮らしていくことができると思っています。



新しい働きかた:013横浜戸塚地域福祉事業所 であいの家


介護保険制度が始まる以前の1999年、ワーカーズコープが開講したホームヘルパー2級の受講生の主婦たちによって設立。
それ以来、常に「その人らしくいられるケア」を目指して、委託事業の送迎員派遣業務、通所介護事業所と複合的に展開しています。

【事業内容】
制度事業:訪問介護、通所介護
委託事業:ライフエスコート中山(サービス付高齢者住宅)管理事業
自前事業:生活支援事業、戸塚の里管理事業、地域食堂運営事業

住所 〒244-0003 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町2599
TEL 045-865-1279
FAX 045-865-1328

取材協力:横浜戸塚地域福祉事業所
であいの家
文:平山みつ子