いぶりがっこで社会とつながる

大仙地域福祉事業所いぶりん(以下いぶりん)は、秋田県大仙市にあります。その名の通り、秋田県の名産「いぶりがっこ」の生産・販売事業がとても盛んです。今回は所長の加藤雅代さんに、いぶりがっこの生産風景について伺いました。

大根、畑、肥料・・・プレッシャーだらけのスタート

2016年8月、私はそれまで勤めていた仕事を辞め、ワーカーズコープで働き始めました。いぶりんには、2017年の開所時から関わっています。

いぶりんで中核を担っているのが、いぶりがっこの生産と販売です。全国のワーカーズコープに秋田を知っていただくためのひとつとして、また、利用される方の工賃の糧となる事業として、前身の事業所から引き継ぎました。

引き継いだ当初は、さまざまなプレッシャーから、ため息をつく日々が続いていました。大根の種類は何がいいのか、適した畑は、肥料は、種まきや耕起時期は……などなど、農作業のことは知らないことだらけの状態からのスタートだったのです。

知らないからこそ沢山の人の手を借りて

しかし、何も知らないことは、逆に武器にもなるんだなと感じます。手探り状態の私たちが困難にぶつかる度に、沢山の方々が手を差し伸べてくださいました。

大根を育てる畑をどうしようかと悩んでいると、知り合いが「近所に空いている畑があるよ!」と教えてくれました。
耕起に困っていると、お借りしている畑の持ち主が「畝作りをするのは大変だから、自分も使うから」と、専用の機械を購入してくれました。種まきの機械はJAから無料でレンタルをして、利用者さんと一緒に種まきが楽に行えています。

収穫期にも、引き抜く人手が欲しいと悩んでいると、駒沢大学の学生さんが手伝いにきてくれました。2日間で約1000本以上を引き抜いて洗いを行なうという活躍ぶりに、みんな大喜びでした。

みんな総出でいぶりがっこ

大根を吊るすための「編み込み」や、燻した後の「洗い」は、人気があり、やりたい利用者さんがたくさんいます。器用な方が揃ってみんなで編み込みをして、洗い作業はずぶ濡れになりながらも笑いが絶えません。
燻す作業も、小屋をお借りしている方に「燻が足りない」「木が乾いている」など、ご指導を受けながら行っています。

小屋をお借りしている方と所長の加藤雅代さん

出来上がったいぶりがっこを切る小屋がないと悩んでいると、またまたつながりで、秋田市にある救護施設から無料で場所を提供していただけました。

いぶりがっこが食べられない方や苦手な方も、作業に積極的に参加して計量やカットを行なったり、計量補助に忙しい組合員のために代わってくれたりしました。絵が得意な利用者さんにかわいい絵を描いてもらった販売時のポスターも自分たちの手作りです。

「農作業がやりたいから」と、いぶりんの利用を始めた方もいます。作業着を着て、颯爽と雨風問わず歩く姿を見ると、まさに仕事を楽しんでいるのだなと感じます。そして汚れた衣服を何も言わずに次の日も綺麗にして持たせてくれる、ご家族の皆様の陰ながらのご協力もあります。いぶりんは利用される方はもちろん、そのご家族にも恵まれているなと感じます。

地域といぶりんが一緒につくった

販売所にて

販売は、お米屋さんやこれまでの購入者が色々な場所で紹介してくださったり、秋田市のNPO法人でのネット販売や陸前高田の醤油屋さんなど、口コミで思った以上に広がっています。

2017年にいぶりんを開所した際、全て自分たちだけで行なうには、限界があることを知った私たちは、「わからない」ということをとりあえず楽しんで続けていくしか選択肢がありませんでした。

地域に甘え、地域に教えてもらうことで作られていったこの「いぶりがっこ」は、地域といぶりんが一緒に作ったと言っても過言ではないと思います。

8月には新物のいぶりがっこの種まきも始まりました。11月から、「引き抜き」「編み込み」「燻し作業」を行います。体験したい方は、ぜひ、いぶりんにご連絡ください!

検品、箱詰め、お弁当屋さん。いぶりがっこ以外にも

いぶりんでは、フルーツキャップやプラスチックスプーンの検品包装、お弁当屋さんの施設外就労を縁あって開始させていただきました。また、いぶりがっこのカット選定場所を提供してくれた救護施設の入所者さんと一緒に内職作業のコラボも始めました。

お盆のとうろう作業

お盆のとうろう作業や液体肥料の箱詰め、入所施設での施設外就労、タンポポを生産するNPO法人や枝豆業者さんの手伝いなど、多種多様な事業者さんとつながることができてきました。

働くって楽しいよね。未来をともに考える仲間へ

障がい福祉サービスを長く続けていると、利用者と職員という関係性が濃くなり、閉ざされた関係になりがちです。第三者が常に近くにいることで、自分たちの言動を客観的に見る事ができやすくなります。また、利用者さんにとっては、出かけることが多い事で、自宅と施設だけではなく、地域の人々と関わる中で、社会とは何か、地域で暮らすとはどういう事か、働くことの楽しさが少しでも感じやすくなるのではないかと思います。
そして、これから先を一緒に考えられればいいなと、そんな理想があります。

「いぶりん」が、秋田に「ワーカーズコープ」が根付く、きっかけになればよいなと思っています。

新しい働き方:011大仙地域福祉事業所いぶりん


前身の秋田大仙事業所は1997年にスタートしました。
ナースエイド、物流事業、福祉用具事業などを行い、ヘルパー講座は約1000人もの受講者が卒業し、卒業生が今も病院清掃に在籍しています。
現在は病院清掃、障がい福祉サービス(就労継続支援B型:定員14名・就労移行支援:定員6名)、2018年より相談支援事業所いぶりん開設(計画相談支援)を行っています。
病院清掃は22年の歴史があります。障がい福祉サービスは、現在20名の登録者がおり、内職や施設外就労、農産(主にいぶりがっこを生産販売)を行い、活気ある施設となっています。

取材協力 大仙地域福祉事業所いぶりん
文・写真 加藤雅代