安心できる居場所で、社会につながる土台をつくる

山形県酒田市にある『こもれび』は、障がい者、生活困窮者を中心とした就労支援を中心に、子どもから大人まで、病気や障がいに関係なく、安心できる空間を目指して作られた多機能福祉施設です。こもれびで働く佐藤深喜さんにお話を伺いました。

社会に居場所を見出す手伝いがしたい

こもれびを始める前、私は、若者サポステで4年間働いていました。その中で、病気や障がいなど、様々な生きづらさから社会の中に自分の居場所を見つけることが困難な人たちにたくさん出会いました。
元々働く力を持っているのに、何かしら苦手なことがある人たち。私は、そんな彼らが自分の強みに気付き、同時に苦手な事を整理して、自分なりのリカバリー法を習得できる訓練場所が必要だと考えるようになりました。しかし、当時、地域にはそのような場所がなく、それならば作ればいいのだ、と、2013年にワーカーズコープでこもれびを立ち上げたのです。

長期的に取り組む就労支援

こもれびでは、その人その人のニーズにあったサポートをしています。就労支援事業では、病気や障がいに関係なく、安心し合える仲間とともに学び、就職を目指して訓練に取り組んでいます。その中で、自分の強みに気付き、自分らしさを認め自信をつけていくことが大切だと考えています。

実際の訓練では、座学で社会人基礎を学び、生産活動や施設外実習などを行う中で、お互いを認め、チームで働く経験から自信を回復します。
就職後も安心して働き続けられるように、本人・就職先企業、時にはご家族と連携し、職場定着のサポートもしています。 開所以来、30人以上が一般企業に就職しています。

誰もが安心して過ごせる居場所

「放課後等デイサービスこえだ」地域で唯一の重症心身障害児対応型児童デイです。学校や保護者の方と連携し、医療的ケアを必要とする児童も安心して過ごせる療育の場を提供しています。

「フリースペースひなた」は、山形県庄内地域では初めてのフリースペースです。誰でも自由に集い、ゆるーく過ごせて、社会へ一歩踏み出す勇気を応援する、そんな空間です。

社会で働く自信を取り戻す

施設外実習の一つとして、いちご栽培農家と実習契約を結び、農家の方に教わりながら生育をお手伝いしています。いちごが育ち収穫する過程の中で仕事を覚え、自分も一緒に成長しています。

また、介護施設でリネン交換や食器洗浄の実習契約を結び、施設のベッド全てを任せていただいたり、施設内の厨房で食器の下洗いを行っています。機械洗浄をする施設職員と連携作業もあり、社会で働くための実践的練習になっています。

施設外実習は、実社会で企業の方達と一緒に働く機会です。仕事ぶりを認められ感謝の言葉をいただき、心がつながることで、社会で働くことに自信を取り戻していくことができます。

活動を通して地域の理解を進めたい

地域公園の除草や落ち葉掃きのボランティアをしています。毎年春は、自治会の方に教わりながら花壇に花を植え、手入れをします。

また、みんな食堂「こもずきっちん」が多くの人に喜ばれています。毎回美味しい料理とゲームで盛り上がり、「次回も楽しみ!」という声を励みに、組合員も一緒に楽しんでいます。

障がい者・生活困窮者の雇用と働く希望を実現できる地域づくりの取り組みとして、「企業交流会」の開催もしており、人手不足に悩む企業に雇用を働きかける機会になっています。

みんなで力を合わせれば可能性は無限大!

こもれびでは、お互いを認め合い、自立し生き生きと働けることを目指しています。こもれびの課題、地域の課題を他人事とせず、自分のこととして取り組んでいます。時にぶつかり合いや誤解が生まれても、何度も話し合いを重ねるうちに、支え合える関係が築けています。
信頼が構築されている上で仕事をすると、こんなに大切な仲間はいない、こんなに働きやすい職場はない、こんなにやりがいのある仕事はないという実感が湧いてきます。

自分だけではできないことが、仲間の経験と力が結集し、可能性が無限に広がっていく、制度や既成に囚われず、自分達が本当に必要なものを、自分たちの手で新しく作り上げる醍醐味を味わうことができる。それがワーカーズコープで仕事をおこすことなのかなと思っています。

誰もが自分の住む地域で働けるように

ワーカーズコープの働きかたの良さを地域に発信しています。
人手不足で困っている地域に、障がい者や生活困窮者の就労を働きかけることが、彼らの働く力を伝える機会になっています。実習委託契約の提案によって、障がい者や生活困窮者が安心して働ける場が多面的に拡大しました。企業にも負担が減ったと喜ばれており、困りごとを気軽に相談していただけるようになりました。

新しい働き方:010山形県 酒田地域福祉事業所 多機能福祉施設こもれび

こもれびは、障がい者、生活困窮者を中心とした就労支援を中心に、子どもから大人まで、病気や障がいに関係なく、安心できる仲間と一緒に、自分らしく生きるための目標を達成できるようにお手伝いしたいと2013年1月に作られた事業所です。

制度事業:放課後等デイサービス 重症心身障害児(医療的ケア児)対応型
     障がい者 就労移行支援・就労支援B型・就労定着支援
委託事業:生活困窮者 就労準備支援
自主事業:みんなの居場所 フリースペースひなた

取材協力:多機能福祉施設こもれび
写真・文:佐藤深喜