人と山をつなぐ。ー職業訓練の仲間と始めた、地域を元気にする林業

広島市中心部から車で約1時間。安佐北区白木町の安駄山(あんだやま)を拠点に林業を行う事業所「木こり屋BunBunBaum(ブンブンバウム)〈以下ブンブンバウム〉」の松山将大さんと宇都宮雪代さんにお話を伺いました。

きっかけは職業訓練、すべてはそこから始まった

ブンブンバウム立ち上げのきっかけは、2014年9月から12月にかけて3か月間実施された職業訓練「再生可能エネルギー・林業科」です。

林業の職業訓練は広島では珍しく、主催者は当初、「受講生が集まらなくて開講できないのではないか」と心配していたそうです。しかし、蓋を開けてみたら20代から60代まで、12名が集まりました。

訓練では、チェーンソーによる伐倒、林内作業車による集材、バックホーを使った作業道づくりなどを一通り学びます。訓練生のほとんどはまったくの未経験者です。最初はチェーンソーのエンジンをかけるのにも一苦労するなど、大変な面もたくさんありました。でも、訓練生はみな、これまで経験したことがないくらい充実した3か月間を過ごしました。

そういった訓練をしながら、手入れの行き届かない山が増えていること、山の担い手がいないことなど、中山間地域が抱える課題も学んでいきました。

「私たちにも、できることがあるのでは。不安もいっぱいだけど、今挑戦しなかったらきっと後悔する」
訓練を修了する時に感じた思いです。
そこから、訓練で出会った仲間とともに事業所の立ち上げをめざすことにしました。
そして2015年1月、ブンブンバウムがスタートしたのです。

「うちの山でやってみたら」、その一言から広がって

私たちがめざしたのは、地域の方から山をお預かりして管理する「自伐型林業」です。

まず、山を預けてくださる山主さんを見つけるため、あちこちで地域説明会を開催しました。しかし説明会で、山主さんたちは、私たちの話を聞いてはくださるのですが、「農業じゃったらぜひ応援したいんじゃが…」とおっしゃったり、林業の難しさを指摘されるなど、なかなか前に進めずにいました。
そんな時、1人の山主さんがおっしゃいました。
「うちの山でやってみたら」

今にして思えば、未経験でよそ者の私たちに、よく任せてくださったなと思います。
その山主さんの山に入っているうちに、地域の方に少しずつ顔を覚えていただき、山を預けてくださる方も増えていきました。

あの出会いがなければ、今の私たちはありません。人とのご縁って、本当に不思議なものだなと思います。

山の管理をはじめると、もちろん大変な部分もありました。でもそれ以上に、やっぱり山での作業は楽しかったです。

「特殊伐採」という、そのままでは倒せない木をロープワークなどを駆使して伐採する現場を手伝わせてもらったり、他地域で活動するグループの伐採に参加したり、いつの間にかつながりが広がって、活動の幅も広がっていました。

子どもも大人も、焚き火を囲んで

活動を始めた頃からずっと、「地域の方にどうしたら山に興味を持ってもらえるか」ということを考えてきました。
転機になったのが、2018年5月に開催した「焚火会」でした。

焚火会は、“みんなで焚き火をする”という、ただそれだけのイベントなのですが、地域の方も他の地域から来た方も、子どもも大人も、本当にいろんな方が来てくださいました。みんなで焚き火を囲んでおしゃべりしたり、里山風景のなかでのんびりとくつろいだりする時間って、都会の方にはもちろん、地元の方にも意外になかったりします。そういう場を通じて、自然と山や木に興味を持ってもらえたらと思っています。

”都心に近い里山” だからこそできること

それまでは、ずっと山の方に意識が向いていたのですが、ちょっと視点を変えて、山を通じて地域全体を見たとき、白木町は広島市中心部から車で約1時間という“都心に近い里山”ではないかということが見えてきたのです。「わたしたちにできることって、もっといろいろあるのかもしれない」と思うようになりました。

丸太で届ける、山や木の魅力

ブンブンバウムでは「丸太のキャンドルスタンド」など、丸太を活かした木工品の販売もしています。
山が身近にある人にとっては、丸太の輪切りは、何でもないものかもしれないけど、都会で暮らす人にとっては、すごく魅力的だったりします。そんな思いから始めました。

これは、職業訓練時に、初めてチェーンソーを使って丸太を輪切りにしたとき、とても新鮮で嬉しく、「これ絶対持って帰りたい!!」と思い、職員の許可を得て持ち帰ったということが背景にあります。

「丸太を切ってキーホルダーを作ろう!」「山にあるものでお洒落なクリスマススワッグを作ろう!」など、山の素材をそのまま使ったワークショップなども行っています。
これからも様々な形で、山の魅力を体験できる機会を、都会で暮らす方に届けていけたらと思っています。

一緒に楽しんでいける仲間を募集しています

ブンブンバウムは、おかげさまで、2019年に5年目を迎えました。
現在、私たちと一緒に働いてくれる仲間を募集しています。今のメンバーはみんな、異業種から転職してきました。一般的な林業事業体とはすこし雰囲気が違うかもしれません。でも、だからこそ、できることもあると思います。
私たちは、事業内容や方向性を全員で話し合って決めています。だから、「山や木を通じてこんなことにチャレンジしてみたい!」など、やってみたいことがある方には、魅力的なフィールドではないかと思います。

ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問いあわせください。
まずは焚き火でも囲んで、お話しましょう。

新しい働きかた:009木こり屋Bun Bun Baum(ブンブンバウム)

広島県広島市安佐北区白木町を拠点に活動する自伐型林業チーム。山主さまから山をお預かりして、人工林間伐や里山整備などを行っています。個人のお客さまからの伐採等のご依頼も承っています。木工品販売や森林体験イベント等も行っています。

住所 〒739-1521 広島県広島市安佐北区白木町大字三田1146(鳥井原集会所そば)
電話 070-2351-5093
FAX 082-578-9551
Mail bunbunbaum@gmail.con
facebook @bunbunbaum
※当事業所の住所は、ナビなどでは出てきません。
お越しの際は、鳥井原集会所(〒739-1521 広島県広島市安佐北区白木町大字三田1163-1 )をめざしてお越しください。

取材協力:木こり屋BunBunBaum
写真:木こり屋BunBunBaum