ずっと社会から逃げていた―障害をもつ私が自尊心を持って社会に関わるまで

松戸地域福祉事業所あじさい(以下、あじさい)の所長の小林文恵です。
あじさいでは、障がいがある人、高齢の人、ニートや引きこもり経験のある若者が、それぞれ自分の役割を持ち、一緒に働いています

2006年に通所介護をスタートし、様々な背景を持つ仲間と共に働く中で、「介護の現場では、自分らしく働くことが、誰にだってできる!」ということに気づきました。そこで千葉県に「公的訓練を作ってください」とお願いをし、2013年に「精神障がい者の介護初任者研修デュアルシステムコース」を立ち上げました。

しかし、訓練を修了し、資格を取得しても、すぐに介護の現場では働けません。「どうしたら自分らしく働けるのか」。さらにみんなで考えました。県の担当者にも相談をしました。そしてついに、2015年10月、就労継続支援B型事業と自立訓練(生活訓練)事業をあわせもった多機能型訓練事業所を立ち上げることができたのです。

今回は、あじさいで一緒に働いている熊本真理子さんの話を聞いてください。
熊本さんは、14歳の時に統合失調症を発症し、ほとんど学校に通えず、ずっと「デイケア」と病院に通っていました。そんな生活も、あじさいに出会い少しずつ変わっていきました。職業訓練を受講して資格を取得し、現在は多機能型訓練を利用しています。

熊本真理子さんのお話し

10年間、社会との関わりを避けて生きていた

私は14歳で統合失調症と診断されて、それから10年間は学校にも行かず就職活動もせず、社会から逃げていた状態でした。一般常識などは分かるけど、空気を読むことや忖度ができず、誤解されることもありました。ずっと社会に自分の居場所がないという劣等感やひがみの意識を抱えて、社会と関わりを持たずに生きてきました。

帰りのコーヒー1杯が楽しみ

そんな中、あじさいの存在を知って、見学に行ってみました。私は介護の経験も資格もないので、直接身体的な介助は怖くてできないと思いました。けれど、お話し相手をしたり、掃除やお茶出しをしたり、台所の食器を洗わせていただいたりはできるかもしれないと思いました。
 また、相談しながら次のステップを考えたいと思っていたこともあって、有償ボランティアをはじめることにしました。それまでに働いた経験がなかったので、お金をもらえることがとても嬉しくて、帰りにコーヒー1杯を買って飲むのが楽しみでした。

人の中にいるだけで燃え尽きそう

1年2ヶ月くらいボランティアを続けた後、委託訓練の初任者研修の講座を受講しました。介護には大変なイメージがあったし、ただ人の中にいるだけでも燃え尽きそうな気がして勇気がありませんでしたが、障がい者のための講座だったので、自分の体調に合わせて学ぶことができ、無事に資格を取得できました。以降は週1回あじさいで働くことになりました。最初は大変なイメージのあった介護ですが、実際に働いてみると、いろんな仕事があってやりがいのある仕事だと思いました。

女子高生って、こんな感じかな?

介護の他にも、東葛地域福祉事業所で病院の中のリネンの仕事もはじめました。仕事内容は、病棟から汚れた洗濯物を回収して洗ったり消毒したり、清潔な用具類を補充したりする仕事です。職場には女性がほとんどで、とても和気藹々としていています。その中で何人か友人もできて、一緒にでかけたり、お家にお邪魔したり、時には日曜日に電話がきて、何か仕事で失敗したかなと思ったら、「小豆を煮たので近くの駅まで取りにこないか」と言われるなんてことも。本当に和気藹々としていて楽しくて、私には経験がないけれど、女子高生ってもしかしたらこんな感じかな? と思ったりしています。

どんな人でも、どんな仕事でも、よい仕事ができる

私はあじさいで働く中で、どんな人でも、どんな仕事でも、どんな立場でも、一人ひとりがよい仕事を考えることができて楽しいし、どんな仕事であっても、よい仕事ができると感じるようになりました。東葛地域福祉事業所には子ども食堂の活動もあるのですが、特別な能力がある人だけが社会を変えていくのではなく、人と付き合うことが苦手でも、能力が低くても、そうした社会をよくしていく仕事に少しでも関われるのだと、大きな夢を描けることが嬉しいです。

ちゃんと伝えると、ちゃんと対処してくれる

自分の障がいをオープンにして働けていることもとても大切です。体調が悪ければ「休ませてください」、苦手なことは「こういう理由があって苦手なんです」とその時々にちゃんと伝えると、その都度対処がされます。そうして問題があっても解決していくことができる。それがとてもありがたいと感じています。

自分にあった滑走路があれば

私たちには、長い滑走路がいります。働くための準備期間が少し長く必要なのです。それでも、滑走路を長く取ってもらえれば、一人ひとりあった滑走路があれば、しっかりと飛び立つことができるのです。

仕事自体は誰にでもできるものかもしれないけれど、それでも休めば現場の人は困るし、仕事も滞ります。社会的責任と居場所があって役割があるのだということが実感として湧いてきて、そこから自尊心というものがちゃんと持てるようになりました。それが得たものとして一番大きいと今は思っています。

新しい働きかた:008松戸地域福祉事業所あじさい

2006年4月、通所介護を開始。当初から「生きづらさ」を持った仲間が多く働いており、2013年から精神障がいのある人を対象とした介護初任者研修を実施。15年10月に多機能型訓練事業所(就労継続支援B型、自立訓練)を立ち上げた。ほかに、基金訓練事業(11年)、暮らしのサポーター養成講座(2012年~)、なども実施。月に一度の「あじさいサロン」では、さまざまな講座やイベントを実施しており、参加していた地域の人々が企画するようにも。2017年からは、「こがねはら子ども食堂」のメンバーと一緒に、松戸市の学習支援事業を行っている。2019年には、松戸市から学童保育を受託。

住所 千葉県松戸市金ヶ作203
電話 047-704-5201

取材協力:松戸地域福祉事業所あじさい、東葛地域福祉事業所
文:小林文恵、熊本真理子
写真:荒井絵理菜