「わが子を地域で育てたい」というたった一人の声から

「生産性や効率性がなくても、一人ひとりがそこにいてくれるだけでいい」「いなくても困ることはないけれど、いないとただただ寂しい」長野県上田市で働く中山睦美さんは、ワーカーズコープの働き方をこのように語ります。今回は、中山さんに上田事業所の放課後デイサービスGO!に関してお聞きしました。

普通の“おばちゃん”が事業を立ち上げる

中山さんは、ラーメンで有名な福島県喜多方市の出身です。
千葉県の短大を卒業後、福島県と宮城県で小学校教員をしていました。決まりだらけの小学校が合わなかったといいます。結婚を機に退職し、夫の仕事の関係で長野県上田市に移り住み、専業主婦をしていました。その傍ら、スーパーやファミリーレストラン、保育園の給食のパートを経験しました。

ある時、テレビでワーカーズコープを知ります。それは、普通の”おばちゃん”たちが、たった一人の高齢者のために、みんなで話し合って介護事業をはじめるという内容でした。

ーどうしてワーカーズコープに興味を持ったんですか?

中山さん「私自身が、ずっと、生きづらさを感じていたんですね。

高齢者、子ども、障害を持った人、それぞれが、みんな孤立せず、みんなが助け合える空間、広場のような場所があれば夢のようだと思っていました。

ワーカーズコープなら、そういう人たちみんなで仕事をつくれるのではないかと思ったんです。ちょうど、子どもが大学生になって、お金が必要ということもあり、ハローワークに通う中で、児童館職員の仕事を見つけました。そこは、ワーカーズコープが市から運営を任されている西部児童クラブ(以下児童クラブ)でした。」

ただ「地域で育てたい」と思っているだけなのに

ある夜、児童クラブのカギを閉めて帰宅しようとしていたとき、中山さんは一人の母親に話しかけられました。「学校から、養護学校に行くことを強く勧められたんです!」。いつもは冷静なそのお母さんが、その時はとても興奮していました。今まで地域でこの子を育てたいと思っていたが、離れることになることになる。養護学校に行っても西部児童クラブに通いたいということでした。

中山さんは、「どうして、障害があるだけで、この親子の希望がかなえられないのだろうか」と疑問に思いました。「ただ『地域で育てたい』と思っているだけなのに」。

どうすればいいのだろう? 中山さんは考えました。そして放課後等デイサービスをつくれば、この子はこの地域で過ごせるのではないかと思い、上田市に放課後デイサービスを作ることを決意したのです。

放課後等デイサービスGO! オープン

中山さん「放課後デイサービスの設立を地域に呼びかけると、障がいを抱える子どもを持つ親御さんからの支持はすぐに集まりました。
しかし、地域の人に理解してもらうことはとても困難でした。
地域の方は、ワーカーズコープも知らなければ、賛助金や出資金などについても全くわからないという感じでした。

それでも、放課後デイサービスを強く求めるお母さんや、ワーカーズコープのメンバーと一緒に地域を自転車や徒歩、車で物件探しをしました。そして、通勤していた時に、カウンターのある食堂の空き家を偶然見かけたんです。カウンターは机に使えるし、お母さんたちと話をすることもできます。便利のよい街中にあって、バス停も近くにあります。ぴったりの場所だと思いました。」

2018年4月1日、ついに上田市初の放課後等デイサービス、GO!が始まりました。開所式には、議員や市役所の職員が顔を並べました。児童クラブの保護者が式の運営を手伝い、児童クラブの子どもたちがオープニングで「手のひらを太陽に」を歌ってくれました。

中山さん「当時のことを今振り返ると、上田市では、すべてのことが始めてのことだったんですね。だから、上田市としては、『近所のただのおばさん達が何を始めようとしているんだ』というようなところだったんですよ。

それでも、上田市から運営を任されている西部児童クラブを中心に活動することで、地域の小学校や地域の皆さんへの共感が少しずつ広がったと感じますね。」

たった一人の母親とその子どものために放課後デイサービス立ち上げようとした中山さんでしたが、開所してたった1年でGO!は定員いっぱいになりました。今年の6月2日に行った2か所目のGO!を作る話し合いには、19人が集まり、熱のある話し合いになりました。誰かがそれを求めるとき、その声はたった一人かもしれないけれど、その背景には多くの求める人たちがいる、ということを中山さんたちは証明したのです。

みんなでお互い様でやっていきたい

ーワーカーズで働く中で、中山さん自身に変化はありましたか?

中山さん「主人は最初は、働くことに反対だったんですね。でも、GO!の職場を見に来てくれた時、『スーパーの仕事とかは、一生懸命やっても切り捨てられる。でもGO!は違うね。人を育てる仕事だね』と言ってくれました。

息子が30歳を過ぎているんですが、自分に合う仕事が見つからず、大学生卒業してからは家にいるんです。
私は最初は、息子に対して仕事に行けって言い続けていました。すると「仕事をして稼ぐことがそんなにえらいのか」と言い返されました。

今はそんな息子のことも、そのままでいいと思えるようになりました。それは、GO!で生きにくい若者と接してきたことが大きいのではないかと思います。

自立支援、就労支援という言葉がありますが、支援なんかしてもらいたくない、みんなでお互い様でやっていきたい、と思います。息子も今の私の仕事を応援してくれています。発達障害の子への対応についてアドバイスをしてくれることもあります

息子自身も、「普通の生き方」と違うことが苦しみだったと思います。最近になって夫も、そんな息子を認められるようになってきました。そう思えるようになったのは、ワーカーズコープの仕事のおかげだと思っています。」

新しい働き方:005上田事業所 放課後等デイサービスGO!

2009年4月、上田市で21の児童館・児童クラブの指定管理者になったことから、事業所を設立。現在は、上田市内の22の児童クラブ、児童館、児童ひろばを運営している。18年4月から「放課後等デイサービスGO!」をスタート。現在、就労者は約180人。19年4月からは、働くみんなで地域に必要な活動をひろげていくために、若者PJ、あぐりPJ、新規事業PJ等を発足させた。

住所 長野県上田市常盤城5-3-35
電話 0268-75-5150

取材協力=上田事業所
 写真・文=中山睦美
 協力=創造集団440Hz・シューレ大学